初心者でも出来る資産運用の上手な方法~シッカリ得するチャンス~

電卓

ネット上の通貨について

通常の通貨と異なり、管理する中央機関がなく国ごとの違いがない仮想通貨は両替の必要がありません。決済は電子的に行われ24時間365日利用が可能です。仮想通貨の中で最も取引量が多いビットコインは、ブロックチェーンという仕組みで、不正行為を防止しています。

詳しくはこちら

金銭取引もしやすい通貨

著名な仮想通貨であるリップルの人気は、単一のオンライン通貨で無い事、大手のベンチャーキャピタルも出資している事などがその理由です。またリップルを入手するための工夫として、グリッド・コンピューティングに高性能なコンピュータで参加する事が勧められます。

詳しくはこちら

リンク

  • XM口座開設完全ガイド

    最短2分で登録作業が終わります。XMで口座開設をして、安定した収入を得ましょう。事前に必要な書類を準備しておくと円滑に登録作業が進みます。

低コスト取引が可能な通貨

著名な仮想通貨であるリップルは、決済手段として世界中で活用することができます。リアルマネーよりも利便性が高いため、工夫次第でショッピングもさらに楽になります。リップルはこれまでの仮想通貨が持つ問題点を解決しており、IOUという債務を用いた低コスト取引が大きな特徴です。

詳しくはこちら

現物での運用について

お金持ちになるプロセスを体感することが可能。キャッシュフローゲームのことなら、各種セミナー情報を見てみましょう。

初心者の為の資産運用方法がこちらに書いてありますので始めてみようと思っている方は一度目を通して見ましょう。

資産を現物で持つ意味とは

初心者の資産運用には各種方法があります。それは、金融商品や不動産でも良いでしょう。ところで、現物資産というものをご存知でしょうか。例えば、金地金などです。このような移動が容易な、それでいて価値の大きいものが現物資産です。 ところで、金地金のような現物資産は、実のところ現物資産としては不向きです。なぜなら重さで見た時の金地金の価値より(1万円札での)現金の価値の方が大きいことや金相場の動きによっては値下がりリスクも小さくないからです。 しかし、現物資産には、絵画や宝石などの装飾品、高級時計、希少コインなどもあります。これらは、移動が容易ですし、品物を選べば過去の例から将来の値上がり利益が十分期待できるものです。

現物資産の運用とは

資産運用を絵画や装飾品など現物資産で行う時に初心者が気をつけるところは、取引コストが他の資産運用より高くなることです。つまり、買ってすぐ売るのはコストを吸収できませんので、ほぼ100パーセント損をします。つまり、現物資産を資産運用とするのでしたら、長期投資と割り切ることです。 次に初心者が現物投資で資産運用するのでしたら、対象となる現物資産はなるべく価値のあるものにします。いうなれば安物買いの銭失いにならないことです。 往々にして初心者の方は、投資できる金額を小出しにしてしまう傾向がありますが、下調べをきちんとして長期で価格上昇がみこめると確信できましたら、そこに集中投資します。こうすることで、取引コストを下げられます。